忍者ブログ
ロボット製作のblog  日々の生活も書くかも・・・
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[05/01 nyamo]
[12/14 アいス]
[11/06 あおのり]
[11/05 IKETOMU]
[11/05 超二足]
最新TB
カウンター
プロフィール
HN:
あおのり
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析
[PR]
2017/10/21(Sat) 19:07:29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

歩行制御
2008/05/20(Tue) 01:32:19
歩行制御を全面的に見直そうと思って、ここしばらくいろいろやってました。

具体的に書くと・・・・・・。

姿勢の傾きを考慮して、ZMPが一定になるような運動方程式を立て、ルンゲ・クッタ方で運動方程式を数値解析的に解いて、20msec(制御周期)毎に重心の軌道を導き出し、重心の位置と速度から得られるエネルギーから遊脚の着地点を決める・・・・・・なんてことをやっていました。

そもそもなんでこんなことをやろうかと思ったかというと、ためしにH8_3694にルンゲ・クッタ方で微分方程式を解かしてみて、内部のタイマで処理時間を計ってみたところ・・・・・・「おっ、いけるじゃん!」となったからです。

しかし、今日の作業中に・・・・・・・「そういやタイマがオーバーフローしたかどうか確かめてなかったや」ということに気がついて確認したところ、処理時間がかかりすぎでした。

制御周期毎に、外乱の要素を組み込んで軌道計算させたくて上のようなことをやっていたんですが、無理そうです。
今まで通り、外乱の要素を一切考えてない歩行をしばらく続けていくしかないようです。




いよいよshの出番か??
ずっと前に買ったsh-tinyでどこまでいけるかな・・・・・・。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com